家事と内職を両立させるコツを紹介します!

2020年06月29日2020年06月29日
家事と内職を両立させるコツを紹介します!

 

家事や育児に追われていて内職・在宅ワークする時間なんてないと思っている方も多いと思います。
家事や育児としつつ内職・在宅ワークをするのは簡単なことではありません。
しかし、時間を上手く配分して家事や育児の合間に組み込めば、家事や育児の合間に内職、在宅ワークをすることができます。
ここでは、内職・在宅ワークをするための時間の作り方や配分の仕方などを紹介します!

することリストを作成する

やるべきことのリストを作成します。「今日必ずすること」「今日しなくてもいいこと」を明確にすることが大切です。

「今日必ずすること」をしてしまってから、内職・在宅ワークに取り組む時間を作ってみましょう。

自分にどれだけ時間が余っているのか知ることで、作業に当てる時間を出すことが出来ます。

育児や家事の合間にすることは大変ですが、合間に作業することで息抜きになることもあります。

作業の合間に家事をして気分転換している人も多いようです。

作業は基本的に座りっぱなしになることが多いので、体を動かすついでに家事をすると効率がよいです。

作業と家事・育児のバランスを保って作業できるといいですね

内職する日、家事をする日、休む日をしっかり作る

1日の内で仕事をし家事育児をし休憩もするのは大変な方もいます。

そんな方は、「今日は仕事に専念する!」「今日は家事だけをする!」「今日はとことん休む!」と決めるのも良いでしょう。

仕事の量にもよりますが、丸1日内職や在宅ワークをしない日があっても良いでしょう。

自分のペースで作業できるのが、内職・在宅ワークのメリットです。各家庭にあわせて作業計画を立てると良いです。

また、夜だけ集中して内職・在宅ワークするという人も多いです。家事を終わらせて、子どもが寝た後にまとめて作業します。

そうすることで昼間は家事と育児に専念できます。

内職や在宅ワークは基本的に納期があるので、最初に納期に間に合うように計画をたてましょう。

忙しい日は家事を手抜きする

家事も完璧にして内職・在宅ワークをするというのはなかなか簡単なことではありません。

納期が短いものも中にはあるかもしれません。そんな時は、ネットスーパーを利用したり、家族を頼ったりしましょう。

手を抜いた家事は、仕事が落ち着いて時間が出来た時にまとめてしましょう。

 

このように自分や家族の生活スタイルにあったペースを作れるといいですね。