Wワークで大失敗!主婦の経験から学ぶ副業の仕方

2020年08月24日2020年08月24日
Wワークで大失敗!主婦の経験から学ぶ副業の仕方

本業とは別に仕事をするWワークには、収入面を始め多くのメリットがあります。とくに子育て世代の主婦にとって在宅での副業は、空いた時間を有効活用しやすくとても人気があります。私も本業で会社勤めをしながら、副業で在宅ワークをしています。Wワークを始めて約2年が経ちました。この2年の間、大失敗したこともあります。ですが大失敗したからこそ、失敗を糧にWワークを続けています。今回は楽しく長く在宅でのWワークを続けるための方法をお伝えします。

主婦だからこその失敗談

在宅ワークに限らずWワークを始めるきっかけは、「収入をあげるため」という方が多いのではないでしょうか?

私も生活費や子どもの教育費のために少しでも収入を上げたいと思ったことが、Wワークを始めたきっかけでした。

在宅で仕事ができるというのはとても大きなメリットなのですが、在宅で仕事をするからこそ起こってしまった失敗談も数多くあります。

 

〇仕事を入れすぎて寝不足

家事、育児をこなしながら本業ではフルタイムで勤務をする主婦にとって、副業に割ける時間はそれほど多くはありません。

一日に在宅で仕事をする時間は限られているのですが、その時間内でこなせる量以上の仕事を受けたことがあります。

「この量ならできる」と受注したときは思ったのですが、想像以上に一つの仕事に時間がかかってしまい、一睡もしないまま翌日仕事に行く羽目に。

寝不足の日が続いたことによって、家事や育児はおろそかになり、また本業の仕事でもミスをしてしまうことがありました。

 

〇家事や育児がおろそかになる

空いた時間に在宅で仕事をしているなかで、在宅ワークに対するモチベーションが上がるときがあります。「いま、冴えているな!」と思ったときは、その流れのまま仕事を進めてしまうことがありました。

「もう少しで終わる!」という気持ちを優先させてしまい、子どものご飯が遅くなったり、洗濯や掃除がずさんになって家族に怒られたこともあります。

子どもとの時間を大切にしたいと思って始めた在宅ワークが、いつのまにか子どもとの時間を減らしてしまうことになってしまいました。

 

 

失敗から学んだ副業在宅ワークのポイント

子育て世代の主婦の方が副業として在宅ワークをするためには、いくつかの押さえておきたいポイントがあります。

このポイントを意識することで、私は失敗が少なくなりました。

 

〇自分や子どもの予定を把握する

ついつい収入を上げたいからと自分の許容量を超えて仕事を受けてしまうことがあります。

しかし、本業の休日を在宅ワークに充てることができるのか、子どもの行事はないかなどをしっかり把握しておくことで、受ける仕事の量をしっかり決めることができます。

 

〇在宅ワークを行う時間帯を自分で決める

在宅ワークは、仕事をする時間を自分で好きなように調整できるため「仕事をしてもしなくてもよい」環境であるといえます。

そのため、「開始と終了の時間」をちゃんと自分で決めておくことが大切です。

毎日朝起きたときに一日のスケジュールを立てておくことで、家事や育児、本業の仕事、在宅ワークのメリハリがつき、本業においても「今日は在宅ワークが忙しい日だ」とわかっていれば、勤務時間内に抱えている仕事が終わるように計画を立てることができますよ。

 

まとめ

家事・育児・本業・在宅ワークを継続するためには、時間をうまく活用することです。

私もWワークを始めたばかりの頃はできていなかったのですが、副業で在宅ワークを始め失敗を経験したことで、効率的に時間を使うということを学びました。

時間をどのように使うかは自分で決めることができます。もちろん予定外なことが起きることも多々あります。それでも、時間をうまく使う習慣がつくことで、乗り切ることができます。

在宅ワークの副業のコツは「時間の使い方」。

みなさんも在宅でWワークを一緒に楽しみましょう。