あなたはどのタイプ?在宅ワークに向いている人の特徴

2020年08月31日2020年08月31日
あなたはどのタイプ?在宅ワークに向いている人の特徴

新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、最近なにかと注目されつつある在宅ワーク。始めてみよう!と思いながらも「自分にもできるのかな?」「実際どんなスキルが求められるの?」と悩み、なかなか前に進めないという方も多いでしょう。では在宅ワークに向いている人とはどんな人なのでしょうか?在宅ワークに向いている人の特徴を一緒に見ていきましょう!

在宅ワークとは

「在宅ワーク」とは読んで文字のごとく、「会社など特定の場所に行って仕事をするのではなく、自宅で仕事をすること」です。在宅ワークの仕事内容は、Webサイトに関連した文章を書くWebライターやアンケート回答、内職のような軽作業など多種多様です。では在宅ワークに向いている人、向いていない人の特徴にはどのような違いがあるのでしょうか。

在宅ワークに向いている人の特徴

在宅ワークに向いている人は、次のような特徴の人です。

 

・自分で時間配分をして作業を進めることができる人

・単純な作業が苦にならない人

・一人の空間での作業が好きな人

・ある程度のコミュニケーション能力がある人

 

自分で時間管理をきちんとできる人は、在宅ワークに向いているといえるでしょう。複数の仕事の納期や締め切りを確認しながら一人で作業を進めていく必要があるため、時間管理能力は最も大切な要素といっても過言ではありません。

また、単純な作業が得意な人にとっても在宅ワークは向いています。データ入力や内職などは単純な作業になることが多いですが、自分の得意な作業であればストレスなく続けることができます。

在宅ワークは自宅というプライベートスペースで作業をするので、他人からのストレスを受けずに仕事を進めることができます。一人の空間が好きな人にとっては働きやすい環境といえます。

一人で仕事を進めていく在宅ワークですが、他人とのコミュニケーションをまったく取らないというわけではありません。むしろ在宅ワークの場合は、自分から担当者やクライアントに連絡をしなければ仕事につながらないこともあります。そのため、電話やメール、チャットアプリなどのコミュニケーションツールを使用することを苦に思わない人が向いています。

 

在宅ワークに向いてない人の特徴

在宅ワークに向いていない人は次のような特徴がある人です。

 

・細かい指示がないと動けない人

・パソコンが苦手な人

・調べ物をすることに抵抗がある人

・忍耐力がない人

 

在宅ワークは一人で作業をするため、担当者やクライアントから細かく指示をされることはあまりありません。そのため、仕事の進め方でわからないことがあったり、報告しなければならないことがあったりした場合に自ら積極的に連絡できる人でないと在宅ワークは難しいでしょう。

またパソコンが苦手な人も在宅ワークには向いていない可能性があります。内職などの軽作業の場合はパソコンを使わないこともありますが、家でする仕事の多くはパソコンを使います。文字の入力やインターネットでの調べもの、メールやチャットアプリを使った連絡など、パソコンを使用する場面は多く、その一つ一つに時間がかかるようであれば仕事もなかなか進まず収入につながりません。

袋詰めや値札貼り、製品の組み立て、検品など、手作業での内職を請け負う場合、同じ作業が単調に続くため忍耐力が必要とされます。仕事内容に変化を求めたり単調な作業を好まない人にはあまり向いていないです。

自分にあった在宅ワークをみつけよう!

在宅ワークには他の仕事と同じように、向いている人・向いていない人がいます。しかし、向いていない人の特徴に当てはまるからといって「すべての在宅ワークができない」というわけではありません。すぐに大きな収入を得ようとするのではなく、まずは簡単な作業や自分の得意な分野などから始めてみるのはいかがでしょうか?実際に経験してみることで、向き・不向きがわかることもあります。