時間のない主婦にピッタリとあった働き方「在宅ワーク」「内職」!!

2020年09月03日2020年09月03日
時間のない主婦にピッタリとあった働き方「在宅ワーク」「内職」!!

子育てや家事は、思うように進まないことも多く、なかなかパートとして外に働きに出ることが難しいという主婦は多いです。
しかし、貯蓄を増やしたい!家計に潤いが欲しい!ということから少しでもいいから収入を得たいと考える人もいますよね。
そんな時間のない主婦にピッタリの働き方が「在宅ワーク」「内職」です。
自宅にいながら仕事をすることが出来るので、自分のライフスタイルに合わせた働き方が出来ます。
今回は「在宅ワーク」「内職」についてまとめてみました。

①内職、在宅ワークについて

まずは在宅ワーク、内職について説明します。在宅ワーク、内職とは、「在宅で仕事をする」という働き方です。

仕事内容も様々で、データ入力やアンケートの記入、シール貼りや袋詰めと多岐にわたります。

ほとんどの仕事がスキルや経験が必要ないことが多いです。時に、高度な技術やスキルが求められることがあり、

その場合は報酬もあがることがあるので、発揮できる人にはとてもオススメです。

②内職と在宅ワークの違い

・法律の違い

在宅ワークと内職では適用される法律が違います。在宅ワークには該当する法律はありません。

内職をしている人は、「家内労働法」という法律が適用されています。

イメージで説明すると、在宅ワークは個人事業主で、内職はサラリーマンのような扱いという感じになります。

 

・報酬の違い

在宅ワークと内職はどちらも、出来高によって報酬を得ます。どちらも作業によって報酬の設定は様々です。

内職は単純作業が多いので低めに設定されており、数をこなして報酬を得ます。在宅ワークは、何の仕事をするかによって報酬はピンキリです。

どちらの場合も仕事を受ける前に報酬や単価の確認を行い納得した上で作業を開始しましょう。

③内職、在宅ワークのメリット

・家にいながら家事と仕事、育児等の両立ができる

1番のメリットは自分のライフスタイルに合わせた働き方が出来るというところでしょう。

例えば家事の隙間時間や、夫や子どもが会社や学校へ行っている時間など自分の生活の一部として働くことが出来ます。

これは在宅ワークや内職の特権でしょう。

 ・人間関係に悩まない

在宅ワークや内職は基本的に自宅で仕事をするので煩わしい人間関係がありません。

一人で作業するので誰かに気を遣うこともありませんし、自分で環境を整えれば集中して仕事が出来ます。

 ・コツコツと仕事をすれば収入も増える

在宅ワークや内職は、完全出来高制というところがほとんどなので、仕事をすればするほど収入は増えます。

他にするべきことがあり作業できなかった場合には、収入はなくなりますが、調整することも出来ます。

④内職、在宅ワークのデメリット

・慣れるまでは収入が低くなることもある

在宅ワークも内職も慣れるまでは時間が掛かってしまったりコツがつかめなかったり、家事や育児とのバランスに苦労することもあります。

少しずつ慣れていこう!という心構えで仕事をしましょう。

・一人でコツコツ黙々と作業するのが苦になる人もいる

在宅ワークや内職は基本的に一人で仕事をするので、人と接して仕事をする方が好きという人には向いていないかもしれません。

モチベーションを保てる工夫をしながら仕事をすることも大切です。

⑤まとめ

収入を増やすために働きたいけどパートとして外に働きに出るのが難しい主婦の方にピッタリの「在宅ワーク・内職」についてまとめてみました。

在宅ワークや内職に関心興味を持った方、是非PieceWorkで自分に合ったお仕事を探してみませんか?

あなたにあったお仕事が見つかるかもしれません!!!