「在宅勤務」「在宅ワーク」「内職」の違いを紹介!

2020年10月08日2020年10月09日
「在宅勤務」「在宅ワーク」「内職」の違いを紹介!

 

最近よく耳にする「在宅勤務」「在宅ワーク」「内職」というワードですが、違いをはっきりと理解している人は少ないのではないでしょうか?
「テレワーク」をいう言葉もよく耳にします。今回は、「在宅勤務」「在宅ワーク」「内職」「テレワーク」について解説します。

1.「在宅勤務」とは

在宅勤務とは、楷書の業務を自宅で行うことを言います。在宅勤務はテレワークの一種です。

テレワークの種類

① 在宅勤務:自宅

② モバイルワーク:カフェ、ホテルのラウンジなど

「テレ」とは「離れた場所」と言う意味で、時間や場所に縛られない働き方です。

テレワークは「リモートワーク」とも呼ばれます。業務を行う場所によって、上記のようにわけることがあります。

 

2.「在宅ワーク」とは

在宅ワークとは、自宅で仕事をすることを言います。

在宅ワークの方は、特に企業に属したりしていません。在宅ワーカーが自宅で仕事をして完成したものを企業に納めて報酬を得ます。

在宅ワークの仕事例

・データ入力

・会計事務

・WEBライティング など

 

3.「内職」とは

内職とは、副業や主婦の方等が自宅で行う仕事という意味があります。

基本的には、主婦が家計の足しにすることやお小遣い稼ぎにするという意味です。

内職とは、仕事の依頼主から、原材料を受け取り、それを加工したり組み立てたり梱包包装したりする単純作業が主です。

報酬は、納めた数×安価によって計算される出来高制がほとんどです。金額は作業によって様々です。

内職の例

・シール貼り

・袋詰め、包装、梱包

・縫製、裁縫、アクセサリー製作 など

まとめ

「在宅勤務」「在宅ワーク」「内職」の違いについて説明しました。

同じようなニュアンスで遣われますが、別物ということが分かっていただけたと思います。

自分に合った働き方が見つかるといいですね!!