内職のコツ!リビングで集中して働くには?

2020年11月16日2020年11月16日
内職のコツ!リビングで集中して働くには?

緊急事態宣言をきっかけにリモートワークを導入する会社が増えました。その後も、感染拡大を防ぐために継続してリモートワークを推奨している会社も多くあります。これまで出社して仕事をこなし、リモートワークをしたことがなかった人は、慣れないこともあり戸惑うこともあったのではないでしょうか?例えば、会社に行けば自然と仕事モードになったものもリモートワークだと「切り替えが難しい」「集中して仕事をすることができない」など。
そこで今回は、リビングで集中して働くコツをご紹介します。

リビングで集中して働くコツ5選!

部屋数に余裕があり、書斎や仕事部屋を持てる場合はしっかりと仕事に集中できるかもしれませんが、子どもがいたり急なリモートワークの増加で準備が整わなかった人はリビングで仕事をしている人も多いですよね。少しでも仕事に集中できるコツを掴んで効率よく仕事をしましょう!

 

コツ1) 仕事着に着替える

え、そんなこと?と思うかもしれませんが、仕事着に着替えることはとても重要です。休日と同じ格好や起きたままの格好で仕事をしようとすると、気持ちが切り替わらず仕事に集中することができません。しっかりと仕事に集中するためにも、着替えをして身だしなみを整えるようにしましょう。

 

コツ2) タイムスケジュールを決める

勤務時間が決まっている人は細かく決める必要はありませんが、コアタイムしか決まっていない人や完全にフリーな人は、タイムスケジュールを決めることをおすすめします。リビングで仕事をしていると、家事などのやらなければいけないことが目につき、集中できないことがあります。そうするとなかなか仕事がはかどりませんよね。タイムスケジュールには仕事の時間と休憩時間、家事ができる時間など自分に必要な時間を組むことがポイントです。それぞれの時間を確保できることで心に余裕が生まれます。そうすれば、仕事の時間は仕事に集中でき、リビングで仕事をしていても効率よく仕事をすることができます。

 

コツ3) 仕事をする場所を固定する

自宅で仕事をするとなると、自分の好きな場所で仕事ができていいと思うかもしれませんが、毎日場所を変えていると仕事に集中できないこともあります。仕事をする場所を固定しておくと、「ここに座ったら仕事をするんだ」と自然と気持ちが切り替えられるようになります。

 

コツ4) こまめに小休憩をはさむ

リビングは家族と過ごしたり、本来であればリラックスして過ごす場所なので、どうしても仕事に集中できない人もいるでしょう。そんな時はダラダラと仕事をせずに、キリのいいところで小休憩をはさんでみるのがおすすめです。「ここまでやったら小休憩」と決めておけば、気持ちも継続しやすくなります。小休憩で外気を浴びたり軽く体を動かしたりすることで、頭も体もリセットされて次の作業もはかどります。

 

コツ5) イヤホンを活用する

リビングにいると生活音が聞こえたりして集中できない人もいるでしょう。そんなときはイヤホンを活用してみましょう。集中できる音楽を聴くのも効果がありますし、ノイズキャンセリング機能を搭載したものなら、音楽を聴かなくても周囲の音をカットしてくれる効果もあります。

自分だけのオリジナルオフィスをつくる

リビングで仕事をするにあたり集中できない理由は、「音が気になる」「家事が気になる」「普段と違う環境で仕事をすることに慣れない」などさまざまです。リモートワークで集中して仕事をする方法はたくさんあります。日々、自分に合った方法がないか探して試行錯誤をしながら自分が働きやすい環境を作り出すことが大切です。

リモートワークでも効率的に仕事ができるように励んでみましょう!