働き方改革による時代の変化

働き方改革による時代の変化

働き方改革がもたらす課題

内職に暗いイメージを持たれている方は少なくありません。
仕事が雑?納期を守らない?そんな時代の終了をお知らせします。

家庭内職というと、「納期をきちんと守ってくれるのか不安」「完成品が雑にならないか心配」と言う声をよく耳にします。

しかし時代は変わりました。

少子高齢化が問題になっているのにも関わらず、待機児童が深刻な問題となっていますよね。

そのため優秀な人材が、働きたくても外に働きに出る事ができずにいます。

これだけで日本経済の損失だとは思いませんか?

こうしたことから内職や在宅ワークをしたいと希望する人の多くは、就業意識が高いと言えます。

私たちPieceWork(ピースワーク)は、今の時代に適応した働き方「家庭内職」の導入を企業様へオススメします。

 

企業は働き方改革により、あらゆる”制限”を設けられました。

◆残業時間の「罰則付き上限規制」

◆5日間の「有給休暇取得」

◆「勤務時間インターバル制度」の努力義務 など

 

実際にこれらを早くから実行されている企業も中には存在していると思いますが、

大半の中小企業は、この働き方改革の対策に頭を抱えているのが現状です。

 

長時間労働をしてはダメ!なんて昔からずっと世間で言われていましたよね。

でも長時間労働やサービス残業というものはなくなっていません。

それはなぜか?

もちろん社員の意識的な問題もありますが、物理的に時間が足らないのです。

 

1人の社員への負荷が、完全にキャパオーバーと分かっていても売上を落とすわけにはいかないから軽減できないし、

社員求人を出しても優秀な人材から応募がこない。

常に「人手不足」という課題がつきまとう中、日々の業務をどうこなしていくかで精一杯ではありませんか?

ノンコア業務は思い切ってアウトソーシングしましょう!!!

 

家庭内職は今の時代に適応した「究極の働き方」です!

働き方改革により、多くの企業が働き方を見直しています。

自社でDMの宛名貼りをしている企業があるとしましょう。

10,000人の会員向けにDMを出すために、社員が時間を作って宛名貼りしていきます。

すると、ひとり当たりが1時間に宛名貼りできる枚数は約130枚だということが分かりました。

10,000枚のDM宛名貼りに必要とする時間は、約77時間です。

10,000枚÷(1時間あたり)130枚=76.9230…(約77時間)

 

残業しつつ通常の業務をなんとかこなしていた社員に、77時間を捻出するのは

残業に残業を重ねない限り、到底不可能といえるでしょう。

そこで活躍するのが内職スタッフです。

 

近年、企業は社内の業務効率化を行う上で「コア業務」と「ノンコア業務」について考え直すようになりました。

コア業務は専門的な知識・判断が必要な業務、ノンコア業務は専門知識をあまり必要としない業務と言われていますが、

企業は社内全体の生産性を向上するために、ノンコア業務を続々とアウトソーシングしています。

上の例で挙げた、DMの宛名貼りはノンコア業務ですよね。

いま、そのアウトソーシング先として「家庭内職」が再ブームとなっているのです。

 

家庭内職というと、単価が安い・暗い・大変という昔のイメージを持たれている方が多いと思います。

しかし企業もノンコア業務のアウトソーシングを積極的に行わなければ、自社の業務効率化を図ることができない時代になってきました。

今までは「内職を依頼したい企業」よりも「内職をしたい人」の割合が大きかったため単価も安く設定されがちでしたが、

「内職を依頼したい企業」の増加によって、その問題は解消されつつあります。

家庭内職は、今の時代に合った究極の働き方なのです。

 

育児などを理由に外へ働きにでられない方や、学業の合間を縫って時間を有効活用したい方、幅広い年齢の方が

内職登録スタッフとして活躍されています。

早速、PieceWork(ピースワーク)でお仕事を探してみましょう!

 

 

 

※アウトソーシング…外部委託(がいぶいたく)とも呼ばれる。従来は組織内部で行っていた、もしくは新規に必要なビジネスプロセスについて、それを独立した外部組織(子会社や協力会社、業務請負・人材派遣会社)から労働サービスとして購入する契約である。 Wikipedia引用