第1回内職さんアンケート

第1回内職さんアンケート

家庭内職をしている方100人に「内職」を始めたきっかけの媒体のアンケートを行いました。

「内職」を始めたきっかけは?

「内職」を始めたきっかけは?

家庭内職をしている方100人に「内職」を始めたきっかけの媒体のアンケートを行いました。

仕事を依頼したい企業の近くで募集することが多い「内職」ですが、実際に家庭内職をされている方たちは何をきっかけに内職を始めたのでしょうか?「求人募集したいけどんな方法があるの?」「どの求人媒体に掲載すれば良いのかわからない!」という方は参考にしていただけたらと思います。

以下が結果となります。

採用ご担当者様の貴重な時間を無駄にしない

採用ご担当者様の貴重な時間を無駄にしない

1位 38.6%…インターネット(キーワード検索や求人サイトなど)

キーワード検索や、求人サイトに掲載されている求人を見てなど、方法はさまざまでしたがやはり最も多かったのはインターネットがきっかけのようです。家事や育児の合間にスマホで検索をして内職を探していたという方が圧倒的でした。

 

2位 37.5%…知人や友人からの紹介

自分がしている内職を友人や知人に勧める、いわゆる「口コミ」が2位となりました。

「実際に自分のしている内職を知人や友人に勧めたことがあるか」というアンケートの結果、

 

半数以上の方が内職を知人や友人に勧めたことがあるということでした。企業の近くで内職さんを募集する上では口コミもかなりの効果を発揮するということが分かります。

3位 11.4%…チラシ・新聞折込

個人に直接届くダイレクトマーケティングを利用したチラシや新聞折込が3位となりました。チラシを配布するポスティング形式は新聞未購読世代にも配布をすることができ、よりターゲットを絞った募集を行うことができます。それに対し新聞折込は比較的安価で一日に広範囲に配布をすることができます。

 

現在、さまざまな求人方法がありますが、大切なご予算や、採用ご担当者様の貴重な時間を無駄にしないためにも、きちんと求人内容に合った求人方法を把握しておくことをオススメします。

しっかりとした求人のノウハウがあれば、採用の効率化やコストの削減にも繋がります。