私のサンタさん

私のサンタさん

PieceWork運営のayacombです!
たくさんの企業様からもお問合せを頂き、大変うれしく思います。
ご要望等ありましたらお気軽にご連絡くださいませ。

すっかり冷え込み、コタツが大活躍する季節がやってきましたね!

先日、栗林公園へ紅葉狩りに行きましたが風情漂う綺麗な紅葉でしたよ(^ω^)

11月中旬~12月上旬が見頃らしいので是非行ってみてください☺

 

 

話は変わりますが、ちょっと思い出話をしてみます。

それはまだまだ私が幼き頃のお話し。クリスマスでの出来事です。

ある年、サンタクロースは枕元にプレゼントではなく手紙を置いていきました。

 

「みんなで力を合わせてプレゼントを見つけてね」

 

手紙にはそう書かれており、まだ小さかった私には何のことかさっぱり分からず

ただ、プレゼントが枕元に無かったことにひたすらガッカリしていました。

しかし頭脳派の兄のヒラメキで、兄弟それぞれがもらった手紙をくっつけてみると、ひとつの地図が完成したのです。

その地図を辿ると、プレゼントを見つけることができました。

とてもワクワクしたのを覚えています。

 

ある年のクリスマスは、「今年こそ絶対にサンタクロースを見るぞ!」と意気込んで就寝。

完全に起きた状態でドキドキしながらベッドに寝転んでいました。

起きていると不思議なもんでトイレに行きたくなります。

でもトイレに行っている間にサンタクロースが来てしまうかもしれません。

しばらく我慢していましたが、もう限界です。トイレに行きました。

そしてベッドに戻ると・・・枕元にプレゼントが置いてあったのです。

「今年もやられた」と悔しかったのを覚えています。

 

 

このように毎年いろいろなバリエーションでクリスマスを楽しませてもらいました。

昔の楽しい出来事は、鮮明に思い出として記憶されるものです。

 

あれから約20年経ち、今は私にも娘がいます。

両親からもらったクリスマスの楽しさを、自分の娘にも捧げよう。

 

 

お母さん、お父さん見てる~?

 

 

あの時は、素敵なサンタクロースの思い出をありがとう。