内職はコツコツ作業が好きな方にオススメ!

2020年05月19日2020年05月19日
内職はコツコツ作業が好きな方にオススメ!

 

今回は、誰でも自宅で取り組める大人気の内職のお仕事から、内職の仕事内容や事前に知っておきたいメリットとデメリットなどをまとめます。

内職で活躍するのは子育てママとシニア世代

育児や介護を理由に働きたくても外に働きに出られないという方が子育て中のママやシニア世代の中には多いです。最近では、そんな方たちを中心に、在宅でできる内職のお仕事が再び人気を集めています。様々なお仕事の種類があり、仕事の単価も案件によって異なります。

内職はどの様な仕事なのか

内職という言葉を耳にして、家で手作業しているというイメージはなんとなくつかめるものの、実際にはどんなお仕事をするのかその実態を知らない方も多いと思います。内職とは、メーカーや販売事業者などの企業に雇用されて、企業から受け取った材料やパーツを元に、自宅で組み立て作業や製品加工などを請け負うことです。基本的に完全出来高制となっています。

内職で取り扱う案件

それでは、人気のある内職のお仕事には、どんな案件があるのか、種類別にざっくりとご紹介してみます。

【袋詰め作業】

美容品などの袋詰めから、ポケットティッシュの広告の封入など、ありとあらゆるものを袋に梱包する作業を行います。ダイレクトメールを封筒に入れる簡単な作業などもこの内職に含まれます。

【シール貼り】

ダイレクトメールのシールを貼り付けたり、様々な商品のシールを貼り付けたりする内職のお仕事です。正しくシールを貼る手先の器用さが必要です。

【工業製品の加工】

電子部品のネジを留めたり、精密機械のハンダ付けを行ったりする内職で、少し技術を要するものだと、時給単価が高いという特徴があります。

内職を始めるにあたって、必要な資格はありません。ただし、単純作業とはいえ仕事ですから、ひとつひとつを丁寧にこなすことが求められ、細かな作業も多いので、手先の器用さも必要になる場合もあります。

内職するメリット

内職の最大のメリットは、在宅でお金を稼げるということです。隙間時間を利用して、家にいながら報酬を得られる内職のお仕事は、未経験者でも取り組める内容が多く、年齢・性別も問いません。子供が小さい方でも、お昼寝タイムなどを利用して、ちょこっとだけ働くといった働き方ができるのが、内職するメリットと言えるでしょう。